小諸市M様 美しい建具や古材を活かした築100年の古民家再生Vol.1

皆さんこんにちは!

本日もOneの家スタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。

小諸市でお世話になりましたM様邸、築100年の古民家再生をご紹介いたします。

こちらの事例は『ナガノの家 リフォームリノベーション』のVol.2号に掲載されました。

 

お祖父様の代から住み継いできた明治の建築100年の日本家屋を再生しました。

BEFORE                

AFTER
 

まずは外観をご紹介します。

板戸だった2階はサッシを入れ替えました。

AFTER

上の写真の向かって右側にある

戸袋と格子窓は塗装をし直し再生!

弊社の塗装職人のこだわりは、

ただ色を付けて美しくするだけではなく

腐食しにくい塗料選定、それから調色の技にあります。

サッシの黒、外壁の白にマッチするように、戸袋と格子窓もしっとりとした黒を調色し塗りました。

 

 

 

AFTER

軒天の木部もきれいに塗装し直しました。

 

 

 

 

 

 

AFTER

腐食していた土台を替え、起訴は全面コンクリートに。

古民家の風格を感じさせる外観に仕上げました。

実はM様邸、もともと玄関は二つありました。

 

 

 

 

↑AFTER写真、手前の正面玄関が来客用、奥の玄関が家族用となっています。

こちらがお客様よう玄関の内装です。

AFTER

スギ材の廊下を加え、広くゆとりのある空間に仕上げています。

奥にあるのがご家族用の玄関。

 

 

 

 

 

AFTER

家族用玄関の下足入れは、塗装をし直し再利用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとあった家財はなるべく活かして再生する。それも古民家改装の醍醐味だったりしますよね。

 

『明治に建てられた築100年の歴史ある家』まだまだ見どころが満載です!

 

次回は職人技が光る、古民家再生~内装編~をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

本日もご覧いただき、誠にありがとうございました。

次回の更新もお楽しみに!

topへ戻る
お気軽にお問合せください
お気軽にお問合せください